2006年04月30日

まわしてつなげるタッチパニック:チクタクバンバン?

任天堂から5/25に発売予定の「まわしてつなげるタッチパニック」
http://www.nintendo.co.jp/ds/ap9j/index.html

チクタクバンバンがDSで復活かと思いましたよ、残念ながら時計のおじさんはいないみたいですね(え?)

コンピュータゲームならではの画面ループや入れ替えを活かしたゲームルールにアレンジされているようで、画面上のトリックボールを集めてゴールを目指すモードや、指定された手数でゴールまで運ぶパズルモードなどがあるようです。

とりあえず 5月はマリオだけかなーと思っていたのですが、これも買ってみようかなぁ。

+----- タグ置き場 説明についてはこのリンクを確認してください。-----+
posted by tetoran at 14:02| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム:関連雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月29日

テトリスDS :時間泥棒

GWイヤッホー、サーバー再起動し放題だぜorz

まあそんなことはさておき、寝る前にちょっとだけと始めて、ふと気が付くと一時間。

マリカに比べて著しく改善されたWI-FI対戦の待ち時間は寝落ちさせる事無く対戦相手を見つけてくれます。

そしてレベルが近い相手との対戦は拮抗した熱い戦いをもたらし、繰り返しの戦いへと誘います。

これはまずいと一人用のマラソンモードを始めるとマリオやリンク、サムスがお出迎え。200ラインの遥か彼方へ導こうとしてきます。

テトリスDSに睡眠時間を華麗に奪われた私はパッチ適用後の再起動中、青く東名な睡魔と戦うはめになりました。

ソビエト生まれの悪魔の兵器が年配向けのあざとい演出と快適かつ楽しく対戦させる仕組みを手に入れて、華麗な時間泥棒に生まれ変わったようです。

盗まれないよう頑張、、れるかなorz

そうそう、追記。友人との対戦はどうぶつの森方式に切り替わったようで、マリカのようにお互いログインしてるのにマッチングしないってことはありません。
問題(?)は2人or4人でしか対戦できないこと。後一人メンバーを募らねば。

2006年04月28日

Wii:レボリューション正式名称決定

 これまでレボリューションという仮称で呼ばれてきた任天堂の次世代機の正式名称が決まりました。
http://www.nintendo.co.jp/wii/index.html

 Wii [ウィー]

 ニンテンドー Wiiとでも表記するつもりなのでしょうか? なんかいまいち迫力に欠ける感じで落ち着きません。(^^;

 素直にレボリューションのままでよかったような気もしますが、まぁ名前よりも中身、もっというとそこで遊べるゲームソフトが大事。
 性能向上による進化からは一歩引いて、ヌンチャクコントローラーとバーチャルコンソールを武器に次世代戦線に挑むWii。果たしてWiiのコンセプトは日本でのDSのように受け入れられていくのでしょうか?

 E3で行われるというプレイデモが楽しみでなりません。

せっかくなので成分分析。

Wiiの43%は鉄の意志で出来ています
Wiiの39%はアルコールで出来ています
Wiiの8%は気の迷いで出来ています
Wiiの8%はミスリルで出来ています
Wiiの2%は成功の鍵で出来ています

39%の部分に興味があるなぁ。
posted by tetoran at 02:02| Comment(0) | TrackBack(3) | ゲーム:関連雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月27日

くるけし!:まわしてまわして地味に楽しい

 テトリスDSとヤンガスを買ってくるついでに先日紹介した任天堂ゲームセミナー受講生の作品、くるけし!をダウンロードしてきました。

http://www.nintendo.co.jp/n10/seminar2006/gs_download/index.html (任天堂ホームページ)

 三角形をくるくる回して、三辺を同じ色でつなげると、その三角形が消えていくパズルゲームです。小さい三角形から大きい三角形まで、とにかく同じ色で三角形を作れば、その中の戦も含めて一気に消すことができます。
 小さい三角形の頂点には星があり、そこで三角形を消したときに頂点にある星は敵陣営>中立>自陣営 と変わってゆきます。
(ここらへんちょっとはっきりしていないかも。頂点のときと、三角形の内部に取り込んだときで違う感じです。もしくはまったく勘違いしているかも(^^;;)
 この星を自陣営に全て引き込むか、時間切れまで闘って、自陣営の星が多ければ勝ちとなります。

 ステージは全12ステージ。それぞれのステージのシンボルは黄道十二宮の星座をかたどっているようです。(DSに登録した誕生日の星座が自分のキャラ(?)になるようです。)

 大きな三角形で一発逆転をねらうも良し。素早く三角を作り続けてコンボを組むも良し。いっぺんに消した〜とか長いコンボを決めたっていうカタルシスはあまり感じられないのですが、ちまちまコンボを決めているのが地味に楽しく気がつくと1時間近く遊んでいました。ソリティアとかマインスイーパーみたいな感触がアルゲームです。

 今の出来で買うかと問われると、少し微妙なところではありますが、アクションパズル好きとしては、ネコソギトルネード以上に消すのが惜しい作品です。

 もう少し演出を加えたり、ストーリーをつけてみる、パズルモードの追加など魅力を高める余地は多いと思うので、製品化を期待したいですね。

2006年04月26日

ユグドラ・ユニオン:サントラCD購入

 発売日に入荷してもらえなかった、ユグドラ・ユニオン Perfect Audio Collection PLUS、月曜日に入荷の連絡があり購入してきました。

 GBAの原音をそのまま収録したOriginal BGM CDと、imageBGMとして収録し直したCDの二枚組。original BGMにはボーナストラックとして戦闘曲のメドレーが、imageBGMには通常の収録曲の他に5曲がチョイスされアレンジされた曲が入っています。ジャケットもきゆづきさとこさん書き下ろしでとてもいい感じです。(デュランとラッセルが見あたりませんが。)

 ユグドラ・ユニオンは音楽にも結構力が入っていて、わざわざキャラごとに戦闘ミュージックが用意されていたりします。ゲーム自体にも音楽を聴くモード(ゲームクリア後入手アイテムによりモード追加)があるのですが、やはりCDやプレイやんで聞くのがいい感じです。

 みなさまも是非どうぞ、と言いたいところなのですが、ゲームやった人でないと、曲だけ奨められないのがつらい。

+----- タグ置き場 説明についてはこのリンクを確認してください。-----+
posted by tetoran at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム:関連雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月25日

ユグドラ・ユニオン:脳内でキャラが動き出す

 昨日の夜中に無事クリアいたしました。ほんとは昨日中に感想書きたかったのですが、頭も痛く今朝になってみると、発熱でいかんともしがたく一晩たってからの報告です。

 ラストの敵には三度リトライしたあげくようやっと攻略。脳内でキャラが勝手に台詞を話し出します。(最終戦メンバー、ユグドラ、ミラノ、デュラン、ロザリィ、ラッセル)ストーリー重視のテレビゲームをプレイしたときに、はまるとよく陥る症状なのですけどね。

 ストーリーは好みの問題になってしまいますが、私としてはツボをつかれて身もだえしまくり、久々に大満足の一本でした、二周目はどうしよう、、エクストラコンテンツまだ埋まってないのですよね。
 攻略本も買ったから、がんばってみるかなぁ。でも戦闘がかったるいんだよねぇ。

 とりあえず病み上がりで弱っているので、本日はここまで。レビューなどは後日。

+----- タグ置き場 説明についてはこのリンクを確認してください。-----+
posted by tetoran at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム:プレイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月24日

ソーサリアンオンライン:5月にβテスト 7月サービスインへ

昨年4月に日本ファルコム(http://www.falcom.com/)より発表されたソーサリアンオンライン。
昨年中にサービスインの予定とニュースリリースではありましたが、今年になってようやく具体的なサービスが発表されました。
ニュースリリース:http://www.falcom.com/kaisya/ir/pdf/060424.pdf

サービス会社はエキサイト、ゲーム開発は電遊社(http://www.denyu-sha.co.jp/index.html)、ファルコムはライセンス提供とのことです。

http://plusd.itmedia.co.jp/games/articles/0604/24/news021.html
気になる課金方式は、流行(?)のアイテム課金。気軽にお試しできてありがたいことです。

以前の2Dソーサリアンとの違いはたくさんあるでしょうが、なつかしのシナリオもあるでしょうし、サービス開始したらぜひ試してみようと思います。
+----- タグ置き場 説明についてはこのリンクを確認してください。-----+
posted by tetoran at 19:27| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム:関連雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月23日

ユグドラ・ユニオン:佳境 帝都決戦!

 一気呵成にBattleField44に到達。敵を追いかけるうちにいつのまにやら侵略者、戦争のやるせなさに身もだえしつつ帝国首都決戦までたどり着きました。(さすがにそろそろ終わり??)

 首都決戦ではガルカーサ一人にきりきり舞いさせられていますが、へたれなわたしはリトライのおかげでなんとかなりそうです。

 にしても一日中ユグドラ漬けでした、こんなに一つのゲームやり続けたのはめちゃくちゃ久しぶりな感じです。
posted by tetoran at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム:プレイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月22日

おさわり探偵 小沢里奈:事件解決 町は本日も平和なり

 連続傷害事件も無事解決し、名探偵小沢里奈の名前は町中に広まることとなりました。めでたしめでたしっ。

 てなことで、おさわり探偵 小沢里奈、メインシナリオ全てクリアし、おまけシナリオで町をうろうろ堪能しております。おさわりさわりごごち図鑑も全部埋まって、完全クリアもあと少しですねぇ。

 ちゃさんからいただいたとおりエンドロールのあとはちょっとあっさりした感じですね。名前の由来を示す、ちょっとしたイベントはあるのですが、、、

 あとなめこの活躍が微妙にすくないですね、もっと大活躍を期待していたのですが。

 続編に触れるようなイベントもあったので、でてくれるといいなぁ。

+----- タグ置き場 説明についてはこのリンクを確認してください。-----+
posted by tetoran at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム:プレイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月21日

FM音源マニアックス 発売決定! (速報)

3月29日に書いたFM音源マニアックスですが、本日予約開始のお知らせメールが携帯に舞い込みました。てなことで早速購入手続きを行ってきましたよ。発売日の6/1が楽しみです。

予約期間は2006/04/20〜2006/05/12まで。
下記アドレスから PCでも購入可能です。
http://www.famitsu.net/access/melodyclip/fm_order.php

それにしてもエンターブレインお知らせメールであおっております。
「初回生産分のみの限定販売となり、この機会を逃すと二度と手に入りません!
是非、リスニング用・保存用の2枚お求下さい!!」

さすがに2枚購入はしませんよ(^^;
ちなみに価格は 2,835 +送料 380で合計\ 3,215です。
posted by tetoran at 13:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム:関連雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月20日

おさわり探偵 小沢里奈:ついに殺人事件発生

 盗難、誘拐、未知との遭遇と数々の難事件を解決してきた名探偵小沢里奈、そんな彼女の元に殺人事件発生の報が。果たして里奈はこの難事件を無事解決することができるのか?

 おさわり探偵小沢里奈 第四話 「傷害」 お楽しみに。

 てなことで おさわり探偵小沢里奈 第四話(最終話)の後半に突入、明日にはクリア出来そうな感じです。

+----- タグ置き場 説明についてはこのリンクを確認してください。-----+
posted by tetoran at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム:プレイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

太鼓の達人8:ドンドンカッカッでストレス解消

 システム管理なんてお仕事をしているといろいろ理不尽な思いや、やるせない気分になることがしばしばあります。

 そんなときのストレス解消には、うまいものくって、うまい酒飲んでのんびりとすることや、すかっと夢中になれるゲームをすること、お気に入りの本を読みふける、買い物する、寝湯でぼんやりするなどいろいろ解消法を持っているのですが、新たに太鼓の達人で気持ちよくたたくというコースが増えました。(ほかのコースに比べてリーズナブル。)

 ってなことで今日はもじぴったんメドレー(かんたん)、ダライアス(かんたん)、ドラスピメドレー(かんたん)、ドラクエ(どろん&むずかしい)

 リズムに合わせて太鼓をたたいてすっきりストレス解消です。よく知っている好き曲だと気持ちよくたたけていいですねえ。 
posted by tetoran at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム:プレイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月18日

ユグドラ・ユニオン:ちまちまちまちま

 さらわれてしまったユグドラをようやく救出してバトルフィールド31の宗教都市群ロンバルディアへ。

 ちょっとした油断でのユニット撃墜、クリティカルでの戦線崩壊、敵のスキルでの一発逆転負けにもめげずに地道に進行中です。(一騎打ちで必殺は卑怯ダトオモウorz)

 だいたい一マップが1時間くらいで終わるので通勤片道1ステージくらいです。もちろんやり直しも多いのですがね。orz

+----- タグ置き場 説明についてはこのリンクを確認してください。-----+
posted by tetoran at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム:プレイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月17日

おさわり探偵 小沢里奈:第三章終了〜

 てなわけで、ぺたぺたいろんな所をさわりまくって第三章クリアです。いや正直大人向けのネタソフトだろとか購入前はネタ覚悟で買ったのですが、思った以上に楽しんでおります。

 前回も書きましたが、コマンド総当たり式のオーソドックスなアドベンチャーゲーム。一部のコマンドの代わりに画面をさわってコマンド入力といった感じのゲームです。
世界設定は不思議な雰囲気の世界(いわゆる不条理系な感じすらする)なのですが、手に入れたアイテムをここで使うのかなといった推測がいい具合に、ぴしぱし決まるのが実に気持ちいいです。

(よくよく考えるとカーソルを動かして、気になる場所を指し示すアドベンチャーゲームって遙か昔にもあったような気がする。。 なんだったっけ。。)

 世界が不思議に満ちていても、そんなに不条理な謎解きは今のところありませんし、このまま最終章もさくっとクリアして、ユグドラ・ユニオンに復帰出来そうな感じです。(ていうかガレオン監獄で未だに大ハマリ・・、ジェノサイド使われると一度の敗北が痛すぎる。。なんでゴーレム召還できないんだ??)

嗚呼でもおまけシナリオもあるんだった。

+----- タグ置き場 説明についてはこのリンクを確認してください。-----+
posted by tetoran at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム:プレイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

カルドセプト・サーガ:やはりハード買いしなきゃダメ?

 ユグドラ・ユニオンの記事目当てで購入したファミ通4/28号にカルドセプト・サーガの記事が掲載されていました。

「夏には出しますから、ぜひXBOX360を買って、接続設定を終えて待っていてください。」
「4年分の知恵が入った自信作なので是非楽しんでください!」

 マップを3D化したことによるプレイ中のマップ変化や、シールド戦の導入、自駒のバリエーションやブックカバーの導入など、様々な新要素を追加。またプレイ時間の短縮を図るため、カード効果の見直しなどを含めフルチューニングしているとの事です。
 ただ、自駒やブックカバーについてはマーケットプレイスでの販売も視野に入れているとのことで、こんな所にもアイテム課金の流れが見えてきています。

 公式ホームページ(http://www.culdcept.com/saga/index.html)でも情報の公開が始まりまっております。

 やっぱり、ハードごと買わなきゃだめですか?ヨドバシのポイントで交換してくるかなぁ。。。
 それとも、これまで必ずエキスパンションと称して、PS系への移植が行われているのでそれを期待してまつのか??

 悩むところだ。。 
posted by tetoran at 01:07| Comment(2) | TrackBack(0) | ゲーム:関連雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

ユグドラ・ユニオン:ファミ通にて4コマ連載

 週間ファミ通のクロスレビューにてプラチナ殿堂入をはたしたユグドラ・ユニオン。プラチナ殿堂入したソフトはファミ通誌上のゲームの殿堂コーナーにて攻略や紹介などがしばらく連載されるのです。

 当然ユグドラユニオンについても今週発売のファミ通から連載瓦解し去れ、そこにキャラクタデザインを担当されたきゆづきさとこさんの4コママンガが連載されるそうです。
(きゆづきさとこさんの初単行本 棺担ぎのクロ(http://d.hatena.ne.jp/keyword/%B4%BD%C3%B4%A4%AE%A4%CE%A5%AF%A5%ED) 第一巻は好評発売中です。)

 今週号から4号にわたって連載予定とのことで、大変楽しみです。開発スタッフのコメントも掲載されるので、ファンの方は要チェックですね。

 エンターブレインからでかまわないので、アンソロジーや4コマでないかなぁ、、

+----- タグ置き場 説明についてはこのリンクを確認してください。-----+

posted by tetoran at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム:関連雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月15日

おさわり探偵 小沢里奈:独特のセンスがいい感じ

 てなことで、木曜日に確保したおさわり探偵 小沢里奈。今日一日寝たり起きたりしながらちまちますすめました。(スリープって素敵)現在第二章の後半です。

 探偵さんの住む独特の世界は、変な住人やその世界が丁寧なドット絵で描き込まれていて、その世界を楽しみつつそこで起こる不可思議な事件を調べていく、探偵と銘打っていますが、本格的な推理は少なくどちらかというと、アイテム探したりアレかなコレかなと画面をいろいろつっついて楽しんでいます。

 当初のイメージではあちらこちらつっつくと探偵さんやなめこがその物体におもしろおかしいネタをいろいろ披露してくれるのかと思っていたのですが、オーソドックスなコマンド総当たりアドベンチャーに上手にタッチパネルを組み合わせた感じのゲームに仕上がっております。(よくよくかんがえるとなんか突っつく度に反応があると最初はいいけど、すぐあきてしまいうんざりしてしまうかな)

 このノリがあう人ならばおすすめだと思います。ぜひ公式サイトでその雰囲気をおためしくださいませ。
 http://www.success-corp.co.jp/software/ds/osawari_tantei/

+----- タグ置き場 説明についてはこのリンクを確認してください。-----+

2006年04月14日

ユグドラ・ユニオン:監獄でおおはまり

 チャプター4、バトルフィールド28まで到達したのですが、ここでおおハマリを食らっています。それも、クリア自体は余裕そうな感じなのに、自分の凡ミスでユニットが戦死してしまうという切ない状況です。

 ターン終了時に、リンク範囲から逃がすの忘れて弱っていたクルスが敵と戦闘するはめに陥って失血死だとか、戦闘しかける方向を間違えてミラノがアイギナと戦うはめになって、クリティカル一閃、一気に士気値もってかれるとか、予期せぬクリティカル発動でユニオンエースがエースガード発動で機内だとか。
なんかFE(ファイアーエムブレム)の死に際自慢(?)みたいなへんな感覚に陥ってます。

 やっぱり眠い目こすりながらやったり、電車でうとうとしてるのが悪いのでしょうねぇ。

 そうそう、ユグドラ・ユニオンの公式サイトに、プロモーションムービーと、プレイムービーが用意されています。どんなゲームか興味を持った方はぜひご覧くださいませ。

 http://www.sting.co.jp/yggdra/ (公式ページTOP)
 http://www.sting.co.jp/yggdra/download/image/ygg_pv.mpg (公式プロモーションムービー)
 http://www.sting.co.jp/yggdra/download/image/ygg_pv2.mpg (公式プレイムービー)

+----- タグ置き場 説明についてはこのリンクを確認してください。-----+

posted by tetoran at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム:プレイ雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月13日

ネコソギトルネード:右腕が疲れた、、

 おさわり探偵小沢里奈を買ってくるついでに先日紹介した任天堂ゲームセミナー受講生の作品、ネコソギトルネードをダウンロードしてきました。

http://www.nintendo.co.jp/n10/seminar2006/gs_download/index.html (任天堂ホームページ)

 さわってみた感想としては、まず右腕が疲れてしまったと言うことです。
というのも地上に置かれた物体を拾っては投げつける動作、もしくは物体を持ったままぐるぐる回して他の地上物を一気にかき集める動作(これがゲーム名由来のネコソギトルネードという必殺技になっています。)をずっと続けます。1プレイ3〜5分といったとこなのですが、繰り返し遊んでいると結構腕に負担がきていました。

 このゲーム自体は、物体を拾って敵に投げつけつつ、敵の弾をかわして行くシューティングゲームなのですが、タッチペン一本で遊ぶため、物体を拾う動作と共に左右移動をしてしまいます。これが難易度を高めている感じです。(ひょっとしてタッチペン一本でシューティングを作ってみろなんてお題だったのかもしれませんね。)

 物体をネコソギかき集めて一気に投げつけるネコソギトルネードは気持ちがいいのですが、疲れる割にはスコアにつながりません。細かく物体を敵に投げつけて連鎖させた方がいい記録を残せるようです。ここら辺、テクニカルに遊びたい人と豪快に遊びたい人両対応って感じですね。

 マップの雰囲気は結構いい感じで、地上の物体を次々拾っていくと平地になっていくのが結構気持ちいい、、といいたい所なのですが、結構拾うことの出来ない物体もアルのが残念なところ。塊魂の様に何もかも拾ってすっきりという感じにはなりません。

 やはり受講生の習作ということで、あまり煮詰められていないところが細かい不満につながっていますが、拾っては投げつけて敵を片付けると同時に地上もすっきりってのはなかなかいい感じです。今のところ発売の予定はないとのことですが、そのうちいろいろ改良されて何かの作品の原型になるかもしれませんね。

2006年04月12日

bit Generations ?

最初名前だけ見たときには、2000年に神戸と水戸で行われた「BIT GENERATIONS 2000」(リンクはインターネットアーカイブに残っていた当時のサイト)テレビゲームの展覧会を思い浮かべたのですがそれとは違うようです。

http://www.nintendo.co.jp/n10/bitGenerations/index.html

なにやら、任天堂がGBA向けに「bit Generations」という新しいシリーズを立ち上げる様です。立ち上げに先立っての展示会を2006年4月15日〜5月15日の間渋谷のパルコ展示スペースにて行うようですね。

“GAME”の原点を見つめ直し、新しい発見や提案をしていくというコンセプトで開発されたゲームラインナップです。シンプルなパズルや、誰でも遊べる簡単なアクションでデザインされており、単純な点と線で描かれた世界を、鮮やかな色彩と豊かなサウンドで表現しています。
とのことで、7つのタイトルは次のようになっております。
dotstream
boundish
DIALHEX
COLORIS
DIGIDRIVE
RBITAL
Soundvoyager

 なんとなく、エレクトロプランクトンをを思い出したのは私だけですかねぇ。このうちSoundvoyagerだけ展示がないってことはタイトルのように音が中心のゲームになるのでしょうか?

 でもGBAでどんな表現を行うというのでしょうか(それこそ、美麗ってことであればPSPみたいなゲーム機もあるし、シンプルなパズル、アクションであれば携帯電話ってのもありますし。)んーむ・・・まぁ行ってみてくればいいことですね。
posted by tetoran at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム:関連雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。