2006年03月21日

ブリーチDS 蒼天に駆ける運命:ゲームレビュー

「ブリーチDS 蒼天に駆ける運命」
2006年1月26日 セガより発売
ニンテンドーDS用 対戦格闘ゲーム
公式ホームページ:http://www.sega.co.jp/ds/bleachds/home.html

これまでのプレイ時間
 15時間超遊んでいます。ストーリーモードと、アーケードモードが8割、Wi-Fi対戦が2割といった感じです。

オリジナリティ 
 オーソドックスな格闘ゲームです。霊符(各種効果(回復、無敵、行動制約)のあるカード)をゲーム中に繰り出すのが少し目新しいといった感じでしょうか?

グラフィックス
 丁寧に書き込まれたドット絵なのですが、いかんせん携帯機なのでどうしてもキャラが小さく感じてしまいます。

音楽
 特に印象には残らないのですが、ゲームをやっている最中極端に気になることもありません。ゲームのオープニングでHIGHandMIGHT COLORの「一輪の花」が聞けます。

熱中度
 格闘時のレスポンスがすごく良く、チェーンコンボや必殺技による多段ヒットが気持ちいいためCPU戦でも相当楽しめます。Wi-Fi対戦で、全国の猛者とも遊べるのもまた良しです。

満足感
 ゲームモードが多彩、おまけ要素や隠しキャラも充実していて、これらを集めるうちに一通りのキャラを遊んでしまいました。

快適さ
 Wi-Fi対戦が手軽に出来て、相手との回線相性が良いとそばで対戦しているようなレスポンスで遊べるのは驚きです。対戦待ち時間も(今のところ)あまりかからず、手軽に1,2戦という感じで遊べるのがとてもいいと思います。
 一方、DS同士での対戦ですが、カセットを持っていない人とのダウンロードプレイに時間がえらくかかります。下手するとWi-Fi対戦の待ち時間より長いのです。その上一戦終わるごとにダウンロードし直し。顔つきあわせてその場でやってるとはいえ少しつらい物があります。

良い所
 キャラ物ゲームではありますが、中身はオールドスタイルな2D対戦格闘ゲームです。昔ながらのお約束がしっかり踏襲されているので、最近格闘ゲームから離れていた人にもお勧めです。
 コマンド入力が苦手な人にも簡単にタッチパネルで必殺技が出せるようになっているところもいいですね。
 またストーリーモードが大半のキャラに用意されていたり、ギャラリーモードが充実しています。ファンもこれらを集めるうちに、うまくなっていくのではないでしょうか、

悪い所
 せっかくいい出来の対戦ゲームなので、持っていない人とお試しがてら遊ぼうと思うと、ゲームダウンロードに1分30秒くらいかかるのがつらいですね。しかも、一戦ごとにダウンロードし直しです。同じキャラ・ステージでの継続プレイを選ばせてくれても良かったかと思います。
 それから、家庭用故かもしれませんがキャラの強さにかなり違いがあると思います。特に超必殺技を使うと圧倒的な強さを発揮するキャラがいるのが少しいただけません。

感想など
 すごくできのいい対戦格闘ゲームだと思います。往年の2D対戦格闘が好きな方には、キャラ物だと言うことで敬遠せず遊べる作品だと思うので是非どうぞ。
 しかし対戦格闘故に手元の小さい画面でやるより、テレビ画面に映して遊びたいと思う人も結構いるかも知れません。DSで遊ぶ手軽さと、テレビ画面での迫力とどっちの方が上だろうか。。。
posted by tetoran at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム:レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。