2006年05月27日

ニュー・スーパーマリオブラザーズ:改めて1stプレイの感想

 「誰でもできる新しいマリオ」とのふれこみで老若男女問わず大ヒット中のニュースーパーマリオブラザーズ。早速はまっております。

 最初にさわったときにAでジャンプ、Bでダッシュと思いこんで操作したのですが、実はABがジャンプ、XYがダッシュというのが標準の設定になっておりました。ここら辺は好みだと思いますが、A/Yでの組み合わせに早速変更。その過程でステージ最初のクリボーさんにお約束のご対面をしてしまったのはご愛敬。

 その後は順調に、順調に、、、行けません。orz アクションは好きだけどもさほど得意でないため四苦八苦しております。多彩なマリオやアクションはよいのですが、結構使いこなすのが難しい局面が多く、誰でも出来るというキャッチコピーからイメージする様な優しい難易度ではないと思います。初っぱなからマリオが犠牲にまくりですよ。

 ですが高難易度かというとそうでもない感じで、何度か繰り返してプレイすると壁を乗り越えることができます。ここら辺のあと少しで何とかなりそうに思わせて繰り返しチャレンジした後乗り越えさせるバランス録りは任天堂ならではと思います。

 繰り返しのプレイをするためには当然マリオの残数が必要になりますが、ここはワールドを自在に移動出来るようになっていて、同じステージを繰り返し遊べるシステムでカバーしています。(1-1でデカマリオのままゴールに飛び込むと残機数が一気に5増やせます。)

てなことで、1-1と攻略中のワールドを行き来しつつ地道に楽しんでおります。なんと かワールド8までたどり着いたのですが、ここまでマリオが200体近く犠牲になっているかと思うとちょっぴりショック。(とはいえ初代でもワールド8はえらく手こずって何度コンティニューしたか覚えてないな、、。)

 多彩なアクションにステージ、若干難易度は高めだと思いますがリトライをいとわなければいつかはクリア出来る良質なアクションゲームだと思います。ぜひ挑戦してください。


 コノザマことamazonのアフェリエイトリンクです、よろしければどうぞ


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18475185

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。