2006年06月09日

ゲームでも同じサービスしてくれないかな?

CD交換サイトのlala.com、β版を一般公開(ITMEDIA)
lala.comでは会員同士で手持ちのCDを交換できる。CDの交換1枚につき1ドルを会員からlala.comに支払い、収益の20%はアーティストに支払われるという。
 
 中古品を扱うゲーム屋さんには申し訳ないけど、収益の一部がアーティストに還元ってのがすごくいいと思います。やはり作者には何らかの形で還元があって欲しい。さすがに1ドルの20%では安いかもしれませんが。

 家庭用ゲームでも同じようなサービスをしてくれれば、人の紹介でおもしろそうだなと思ったゲームにもっとばんばん手を出せますねぇ。(もっともやる時間という絶対的な問題もありますが。)

 光栄の始めたボッタクリゲームレンタルサービスは高すぎて全く使う気が起きません。お試しにやってみたいゲームを2泊3日で300円くらいなら良かったのですけどねぇ。最近じゃDSの体験版無料配布もありますし、これ事業として成り立つのでしょうか??
 新品5000円1月だったら、量販店でポイント還元して新規に買いますよ。

#あ ソーサリアンのエントリですか? 週末に続きを書きますorz
  generated by
posted by tetoran at 17:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。