2005年02月23日

田中芳樹さんの夜光曲よみました

相変わらず、いろんな方面に毒はきまくりですね。
せっかくの薬師寺さんや泉田さんの活躍が、毒舌(?)によって
中断するような印象をうけてしまいましたね。

なんとなく、あ〜 面白かったというような印象で
読み返すようなパワーにかけていた気がします。

しかし、田中芳樹さんは、はるか昔に「完結しなければ
小説として評価してもらえない」とかなんとかおっしゃられてたと思うのですが
ここ最近は、自分でつかみを書いたら他の人に仕上げさせるというような
ファンをだまし討ちするような行為を繰り返しております。

野望円舞曲みたいに最初っから原作だけ担当するのであれば
それはそれでかまわないと思うのですが、
自分で書いた作品を投げ出して人に書かせることは正直言って
物書きとしてどうなのよと思います。「あんたそれでいいの??」などと聞いてみたくなります。
(実際に目の前にいたら聞くより先にサインもらってしまいそうですけど。)

まぁ 自分で作品を思うようにかけない生みの苦しみなんてのもあるのかもしれませんが。。




posted by tetoran at 23:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。