2006年08月24日

FinalFantasyIII:いい具合に忘れてます

 てなことで FF3、新宿西口ヨドバシカメラ1Fの大混雑を横目に予約者専用の2Fレジで購入。マニュアルは困ったら見ようということで、冷えた赤ワインとカマンベールチーズに生ハムを準備して優雅にゲーム開始。DSメニューでのアイコンは、、デブチョコボ??

 オープニングデモはCMでやっていたものと一緒なのですねぇ。やっぱ曲がいいです。メテオスのオープニングもすごいと思いましたが、それ以上に良くできたムービーです。この画質のキャラクターをリアルタイムで動かすのはもちろんDSには無理でしょうがね、そーゆーのは据え置きに任せれば良いお話。

 さて肝心のゲーム本編、オープニングのかっこいい映像から急に三頭身になったルーネスさんが落とし穴に落っこちたところから始まります。そしておっこったルーネスさんのプロフィールを紹介しながら名前登録。

 あれ?こんな展開だったっけ??どうやらいい具合にストーリーを忘れてそうな気配。これは名作といわれるRPGを2回遊べると言うことか?
 まぁ要所要所は覚えているのでしょうが、昔面白いと思った作品を、何もかも忘れた状態でもう一度楽しめればなあという願望を持っている私にはちょっと幸せ。

、ルーネスさんの名前を決めるとちょっとしたデモのあとさっそくゴブリンさんに襲われて戦闘開始、ロードが遅いとか聞かされていましたが、確かにちょっと遅く見えるかな。(え?名前ですか? 昔はギルガメスにした覚えがありますが、今回はよくしゃべるらしいのでルーネスのままです。)

 戦闘前のホワイトアウト、戦闘後のブラックアウトそれぞれ1秒くらいあります。時間的にはたいしたことないはずのですが、音もとまって画面が完全に止まってしまうので気になってしまうのかも知れませんね。せめて音楽が鳴ってるか、画面でなにか動いていれば気にならないような気がします。
 でも、初代ペルソナみたいに酷い状態ではないし、ながら戦闘とかするようになったら遅いとかそんなこと気にならない気もするなぁ。結局は慣れかな。

 マップ画面での移動は最初からBダッシュもできて快適です。てなことで亀をぬっころして、クリスタルの啓示を受けて、最初の町ウルにたどり着いたところまででの感想です。

 さーって、つづきやるぞっと 
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。