2005年03月08日

堀江さんと筑紫さんの対論

ご飯食べながらテレビ見ていたら
フジ以外いろんなところへでずっぱりの堀江さんが
筑紫さんと対論をしていました。

ぼーっと聞いていた感じでは、
堀江さんは"インターネットで誰もが情報発信できるようになり
重要な情報は多くの人が取り上げることによって必ず浮き上がってくる。"
筑紫さんは"重要だが地味な問題はある、これを取り上げる
マスメディア(報道)がないと誰にも注目をあびない。"

というなんともすれ違った主張をお互いに繰り返し
主張しているような印象がありました。

私は、マスメディアというのは自分(企業)の注目することを
編集して報じるものだと思っております。
一方のインターネットってのは、誰もが情報を発信できる代わりに
それを編集してくれる人はいないため、生の情報が原石のような状態で
転がっていて、それが多くの人に目を触れるためには、
やはり気づきのようなものが必要なのだと思います。
(それを打破する試みがWikiNewsやBlogなのですかね、、)

そういった意味では、マスメディアとインターネットってのは
補完しあえる関係だと思うのですがね、、
どんなにがんばっても一個人が新聞やテレビのように、
さまざまな情報を一定の質で発信し続けるのは難しいと思います

posted by tetoran at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。