2006年10月24日

Windows Vistaを触ってみた

 RC1が出回ってきて、遊べる環境があったのでさくっとインストール。それなりにスペックのあるPCなので結構さくさく動きますね。でもアプリ入れだすとだめなんだろうなぁ。メモリ512で最低要件ぎりぎりだしなぁ。

 リソースの無駄遣いといった評判も聞こえるAeroインターフェースは意外と便利そうな感じですね。 問題は設定変更方法やマイドキュメントの構成がこれまでのXPやWindows2000と大きく違うところですねぇ。

 クラシック設定にしても結構違うところが盛りだくさんです。サポート対応するには結構覚えることが多くなりそうで厳しいなぁ。

 大量セットアップ用の各種機能は充実したみたいでGhostがなくてもかなりいろいろなことができそうです。GhostExplorerやGhostCastServerみたいなこともできそうですね。

 けど暗号化USBメモリも動かないし、各種システム管理ツールの対応もこれから。こういったセキュリティ製品や各種サポートツール類、資産管理製品が動作しないと企業での展開は困るので、Ghost殺しの機能を充実させても、しばらくの間は企業ベースの一括導入は難しそうですねぇ。

 え? Windows Vistaは MEの再来っぽい? (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
タグ:Vista
posted by tetoran at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | PC系作業メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26099206

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。