2005年04月25日

ウィルスバスター、更なる被害拡大は回避した模様。

 月曜日の朝に被害の拡大も懸念されたウィルスバスターの障害ですが、幸いなことに、更なる被害拡大は起こらなかった模様です。

 この件に対応するため、突然の休日出社になったり、システム対応に忙殺された管理者の皆様大変お疲れ様でした。

 今回の件でウィルスバスターの継続を取りやめるか検討してみましたが、某S社のクライアントPC保護製品を新規導入すると定価ベースで2.7M超。ベンダーを通じて2割ほど引かれるとしても、2.1M。
 現行のサポート込みライセンス継続だと700K程度で済んでしまうので、最低でもこの差額分の入れ替え理由が必要となります。入れ替えにかかる人的コストも考えると、残念ながら入れ替えを積極的には進められない状況です。
 このまま、トレンドマイクロ社の対応を見守り、どうしようもないと思える対応をされないことを祈るのみです。

 一連の件ですが、セキュリティホールmemo さまにて手堅くまとめられています。

報道などの一次ソースへのリンクが充実しておりますので、追っかけたい方はぜひご参照ください。

ウィルスパターンファイルの公開時間の謎について・・・テトラポットではなんどか触れていますが、

トレンドマイクロ社のニュースリリースでは下記のような流れで発表されています。
■パターンファイル公開に関する本問題の時系列経緯
・2005年4月23日午前7:33 ウイルスパターン2.594.00を公開
・2005年4月23日午前9:02  上記ウイルスパターン2.594.00の公開中止
・2005年4月23日午前10:51 本問題修正済みのウイルスパターン2.596.00を公開
・2005年4月23日午後14:30 一般のお客様用お問い合わせ窓口開設
・2005年4月23日午後17:30 企業のお客様用お問い合わせ窓口開設

ところがわたしの手元のログでは下記のような状態です。
(念のためサーバの時間を確認しましたが、時刻あわせに問題はありませんでした。)
2005/04/24 09:19:03 成功 ウイルスパターンファイル:2.598.00 自動
2005/04/23 10:18:44 成功 ウイルスパターンファイル:2.596.00 自動
2005/04/23 07:19:37 成功 ウイルスパターンファイル:2.594.00 自動
2005/04/22 07:19:15 成功 ウイルスパターンファイル:2.592.00 自動

一時間おきに更新を確認する設定になっていますので、コーポレートエディション向けのパターンファイル2.596は最低でも9:18〜10:18の間に公開されたと推測されます。

とすると、2.596の公開時間がおかしくなってしまうわけです、、
まぁ、すでに2.598まで配信されているので、特に問題はないと思うのですが
ちゃんとしたファイルを受信できたのか気になるところです。

どなたかほかにこういった時間のずれがあることいませんかね。。
posted by tetoran at 14:02| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ウイルスバスター不具合
Excerpt: 中田 トレンドマイクロが配布したウイルスバスターのウイルスパターンファイルが原因で、多くの企業や個人向けのパソコンやサーバに不具合が起きたという記事なんだけど、なんとも皮肉な出来事だよね。本来ならばパ..
Weblog: 爆小問題の「ヘロイン日記」
Tracked: 2005-04-25 14:28
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。