2007年01月19日

世界樹の迷宮:懐かしき仲間に会いに行く

 てなことで一度延期になりました世界樹の迷宮とうとう発売となりました。もともとマニア向けのゲームって事で出荷がすくなかったのか量販店なんかでは品切れをおこしてるようです。

 私はといえばヨドバシカメラで予約してあった物の、特典のサウンドトラックが手に入らないかもしれないという不安があったので、午前中に買いに行って無事に特典付きを手に入れることができました。が10時過ぎに残り6本ですとかいう店員のアナウンスが流れたのにはちとビックリ。

 私の周辺でも手に入れられなかった人が何名かいるので、早く再出荷されるとよいですねぇ。

 そんな売れ行きの話はさておき(どうせ品切れだーって騒いでもふたを開けると2万本とかそんなオチでしょう(^^;)、キャラメイキング。といってもウィザードリィの様に能力がランダムというわけではないので名前と職業、容姿を選ぶだけです。

 自分で仲間の名前を決めるRPG(デフォルト設定がないゲーム)ってのは、なんだかものすごく久しぶりのような気がします。最後にやったのはダンジョンマスターでしょうか・・・・。

 てなことで、昔からこういった仲間の名前を決めるゲームで使っている仲間たちの名前を引っ張り出してキャラクタメイキング、、の前にギルド名を決めなければならないようです。パーティー名はあんまり考えてなかったのですが、バビロニアの人たちって事で安直にバビロニアンにしてしまいます。

 そして黄金騎士ギルガメスをパラディンに、巫女カイはメディックに。盗賊王タウルスはレンジャーに、魔導士メスロンはアルケミストに。世界樹の迷宮で職業は若干違いますが瞬時に脳内修正完了。っとこれじゃ四人でパーティー構成にたらないので東方騎士クルス、、、を呼ぼうかと思ったのですが、彼はブシドーになって欲しいので、とりあえずクルトという名前のソードマンを呼びました。

 そう、ゲームブック版ドルアーガの塔三部作(創土社から復刊されますバンザイ)が出自の方々です。久々にこの人たちと冒険に出かけます。ウィザードリィでは共にワードナーに挑み、ドラクエIIIではゾーマを倒した頼もしい仲間たちです。本当に懐かしい感じですね。

 ゲーム自体はとりあえず最初のクエストをこなし、意気揚々と地下2階へ歩を進めたら毒アゲハに帰れと言われてしまいました。しかたないので、地下一階でクエストをちまちま進めています。

 操作面では、キャラクタのスキルアップや装備変更の時にL/Rで次のキャラに帰ると言った操作がないことや、店でまとめ売りが出来ないことなど細かい不満がいくつも見受けられますが、ゲーム本編がじつにいい感じなので気にせず進めていきますよ〜。

 期待の音楽は実に良い感じです。本編クリアした頃にサントラでるといいなぁ。てなことでまた世界樹に出かけてきまっす。

#ところで特典CDのジャケットが公式BLOGにのっているのと微妙にちがってるのはわたしだけ?
ラベル:世界樹の迷宮
この記事へのコメント
今さらかも知れませんが一応言っておきますと
売りたいものにカーソルを合わせた後Yボタンを押せば同じ種類のアイテムは纏め売りは可能です。
Posted by at 2007年01月24日 15:13
おおう 気がついてなかったですよorz
これで多少楽になりました。
指摘ありがとうございます。
Posted by テトラン at 2007年01月25日 02:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。