2005年05月06日

トレンドマイクロ:まったり観察

http://www.trendmicro.co.jp/support/news.asp?id=678
さすがに、トラブルがまだ継続しているPCがいなくなったのか、臨時に拡張したサポート窓口は役割を終えるようです。
「被害を受けたPCやサーバがすべて復旧するまで、私の給料を594円にする」とチェンCEOは行っておりましたが、復旧は終わったのでしょうか??

http://www.trendmicro.co.jp/support/news.asp?id=670
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0505/06/news040.html
またトレンドマイクロ社はパターンファイルの公開スケジュールを平日毎日から月、水、金の隔日体制に一時的に変更するようです。ITメディアの記事にわかりやすくまとめられております。(この記事によると、パターンを平日毎日にまた戻すつもりのようですが。)

 あとは、GW明けに行われる復旧費用支払いへの対応にも注目しようと思います。

 しかし、毎日のパターンファイル更新というけど、実際にそこまで必要なものなのでしょうか、、緊急に適用したほうがいいケースがあるのは十分承知していますが、毎日そんなウィルス・スパイウェアばっかり追加登録されているとは思えません。

 今回のトレンドマイクロ社により起こったシステム障害は(ライバルに対抗して)サービスを良くしようとして、社内のシステムに無理が出てしまい、大規模な障害へつながってしまったケースのような気がします。JRの脱線事故も最近の報道を見ると同じような雰囲気があるのではないかと思います。

 利益を上げるために、「サービスを良くして顧客を増やす(顧客にいっぱいお金を使ってもらう)」こと自体が悪ではありませんし、「経費を抑える」ことも悪ではありません。しかしそれらのことを重視するあまり、サービスの本質(PC保護や安全確実な移動手段)をずれて捉えてしまったり、経費の削減自体が目的にすりかわってしまうのかもしれません。

 今回事故を起こした両社だけでなく、ほかの会社もサービスの本質をしっかり見つめなおし、無理をせずサービスできるようにしないと、また同様の事故がどこかで起こってしまうでしょう。私もたいした権限はありませんが、自分の仕事の足元を見つめなおしたいと思います。
posted by tetoran at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。