2005年05月17日

トレンドマイクロ:被害ユーザーへの対応

未だに、うちの会社への対応は(ベンダー経由のため)決まっておりませんが
被害ユーザーへの使用期間3ヶ月延長サービス(?)をちょこっと追ってみました。

5/9の窓口開設早々に受付窓口に電話して、その接続の悪さに使用をやめることを決意された鶴丸さんのBlog「mokomoko」怒りがしっかりと伝わってきます。

以前TBをいただいたリックパパさんのBlog「死ぬまでにしたい100のこと
こちらでは5/16に電話されて、あっさりつながったそうです。

まぁ、引用させていただいたお二方のブログは氷山の一角で、ほかにも電話対応に関するBlogや掲示板の書き込みはたくさんあると思います。総じてすぐかけた人はたいそう怒っている人が多いような気がします。とくに594円に給料減額するならその金で電話回線増やせという鶴丸さんの指摘は実にストレートに響きました。
(私は594円に減額ねふーん とかいう程度だったのですが、ふざけてると感じた人も多かったようですね。)

やはりこういったトラブルの時に回線がつながらないとか、勝手に切られるとかはかなり腹立たしいですよね。
また、住所確認だとか、シリアルナンバーだとかそういったものをしつこく聞かれるのもまた、腹立たしくなる一因なのでしょう。

Webで仮登録して折り返し電話させてもらうとか、ウィルスバスタークラブの活用とかいろいろできたような気もするのですけどね。
まぁあんまり簡単にしてしまうと、今度は便乗請求みたいなのが増えてしまうかもしれないという考えもあったのかもしれません。

牛肉偽装事件で西友の払い出しが売り上げ以上だったなんていう、悲しくなってしまうような実例もありますし。

posted by tetoran at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
テトラポットさん、TBありがとうございました
(^_^)v

トレンドマイクロの我が社への対応は、お話に成りませんでしたね(~_~;)

私たちユーザーは対応悪かったメーカーの物を使わないと言う選択肢が残されているのですから、無料分と追加分を使わせていただき、他のソフトに移行させてもらうだけです。

OSと違い数ある内の一社ですからね(苦笑)

牛肉偽装とちょっと違うのは、ユーザー登録をしていると言う事です。
仮にもIT産業なのですから、ユーザー本位に立った対応が望ましかったですね(~_~;)

どちらにしても、私たちユーザーも二種類以上で、ウィルス対策などしないといけないと言うことですね、今回のことで実感しました。

あら(苦笑)TBお礼のつもりが、長々と済みませんでしたm(__)m。
又、遊びに来ま〜す(^_^)v

Posted by 鶴丸 at 2005年05月18日 00:32
鶴丸さんコメントありがとうございます。

私のところも入れ替えを検討したのですが、入れ替え自体のコストが馬鹿にならず、そのまま更新になりそうです。

まぁ、価格.comのウィルスについても検証ができてなかったという話も流れているので、偉い人の鶴の一声で変わるかもしれませんが。

モノカルチュアはこういったトラブルに弱いのですが、管理はしやすいのでつらいところです。。
Posted by テトラン at 2005年05月19日 01:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。