2005年07月24日

VaioU再インストールでのちまちましたメモ3点

 結局VaioUのセットアップ済みイメージが発見できず、ちまちま設定作業をすすめてます。セットアップ開始前のイメージはあったのになぁ。
 その作業の過程でのメモ書きです。

・RealVNC FREE版インストールと漢字キー対応方法(2005/7/24 現在)
 VaioUの小さい画面でちまちまインストール作業するのがめんどくさいので、遠隔操作できるようにVNCという遠隔操作ソフトをインストールします。
 Free版は、セキュリティ機能が強くありませんが、家庭内LANでプライベートIPからのみ操作できるようにするので問題ないでしょう。

 VNCはRealVNC社(http://www.realvnc.com/)よりVersion 4.1.1 Windows版をダウンロードします。(ダウンロードページにアクセスする際に名前など登録する欄が表示されますが登録は任意です。) こいつをさくっとインストールします。
 次にあんでるどんさんのブログ、[あ] UnderDone(あんでるどん) (http://blog.underdone.net/) より、RealVNC Ver.4.1.1 漢字キー対応3テスト版2 のエントリよりダウンロードページへアクセスしてください。(なおあんでるどんさんは、このソフトの使用方法についての質問を受け付けておりません、あんでるどんさんのブログに使用方法やインストールについての質問を書かないようお願いします。)
 VNCをサービスで設定した場合はサービスを停止します。(スタートメニューでも、管理ツール>サービスでもどちらでもOK)
・ダウンロードした漢字キー対応のファイルを解凍して、VNCインストールフォルダのファイルとすべて置き換えます。(VNC Viewerも含む)
 サービスを再開する。
 VNCインストール側ではXP-SP2の場合Windows FireWallにWinvnc4を例外へ登録
 VNCのOption設定で操作可能なIPを範囲指定。
 VNC操作側にVNCViewer(漢字キー対応3テスト版2のもの)をコピー。(必要に応じパーソナルファイヤーウォールに追加)

・Microsoft Update
 Office、Windowsとも、前提となるパッチがある物について、同時に適用できない。
このため必要なパッチがありませんといわれるまで複数回実行する必要がある。

・OfficeXP ライセンス認証(アクティベーション)
 Microsoft Office XPのパッケージ版は同時に使用しないことを条件に、同じ人物の使用するデスクトップPCとノートPCにそれぞれ1台までインストールすることができます。(2003はライセンスを確認していないのでわかりません。)
 テトランもメインのPCとVaioUにインストールして使用していた訳ですが、VaioUにOfficeXPを再インストールしてライセンス認証を行うと・・・・はじかれてしまいました。

 ハードウェア構成変わってなきゃ 再アクティベーション通るんでないのか?? それとも、実は修理の時に中身変えられているんだろうか・・・

 そんな不安を抱えつつ、画面の指示に従ってコールセンターに電話、最初に表示されたインストールID(電話でプッシュできるようアラビア数字のみの番号)をアナウンスの指示に従って6桁ごとにプッシュしていきます。 結果はすでに登録済みですとのアナウンス。orz 「オペーレータにつなぎますか」との質問に迷わず1(はい)をプッシュ。

 男性のオペレーターが登場して再びインストールIDを聞いてきます。IDを告げて、先方で確認した後、「すでに登録済みですね、PCの機種変更ですか?」と聞いてきたのでデスクトップとノートPCで使用してノートPCを修理して再インストールであることを告げると、あっさり登録用のIDを告げるので、そのまま入力できるかと確認してきました。
 6桁ごとに告げてくれるので、そいつを指定のダイアログに入れてライセンス認証完了です。

 対応はよかったのですが、次からPC変えるたびにこの手続きかと思うとめんどくさいですなぁ。
 
posted by tetoran at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | PC系作業メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/5335457

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。