2005年10月02日

スクリューブレイカー 轟振どりるれろ:地道なアクションゲー

 スクリューブレイカー 轟振どりるれろ(以下どりるれろ)をプレイしたので初回感想です。
公式ページ:http://www.nintendo.co.jp/n08/v49j/

 このゲームを買ったきっかけは、先日の秋葉行でのエントリにも書きましたが、「忍之閻魔帳」にて忍さんがおすすめしていたのが理由です。自分で手当たり次第買うわけにも行かないから、人のレビューなんかをちょくちょく参考にしているのです。

 さてこのゲーム、レビューにもあった通りドリルマシンにのって、ドリル操作で面をこなしていくタイプのアクションゲームになっています。このアクションでトラップを越えていくのが楽しいのです。また、ドリアップ(ドリルのギアをあげて回転力を強化する)したときの微妙な振動も気持ちよさを増す要素になっている気がします。

 ドリルを使った独特のアクションは結構簡単に習得できますが、とっさにこの操作ってのを出すのがうまくいかないのは年のせいなのか、未だ3-2までしか進んでいません。もっともこの試行錯誤は想定済みのバランスなのか、敵にゲシゲシぶつかっても、バリアゲージがちょこっと減るだけで、そう簡単には倒れません。かわりに倒れてしまうとゲームオーバーですが。
 ゲームオーバーの際コンティニューするには、ゲーム中のお金が減ります。コンティニューしなかった場合は、セーブしたところまで戻る事になってしまうので記録を怠っている場合などはちょっと注意が必要です。

 一つの面をクリアしても、何度か再挑戦できるように、装備を入手してからでないと破壊できないブロックなどでマップがふさがれています。お宝図鑑なんてのもあるので、そこら辺でやり込ませたい感じなのでしょう。

 アクションゲーム好きならば楽しめる良いソフトだと思います。もっとも難易度は低めな感じなので歯ごたえを求める人にはちょっとものたりないかも。(まだ序盤だからそうおもってるだけかもしれませんが。)

 1ステージが長めなのでサバイバルキッズと入れ替えながらじっくり楽しもうかと思います。

 え?サバイバルキッズはどうなったか??? 遺跡再アタックのために魚の燻製をたくさん作成していまっす。
posted by tetoran at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム:レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。