2005年10月21日

PSP:ちょっと気になるこの言葉

 発売から約10カ月--PSPの全世界累計生産出荷台数が1000万台突破 CNET News

 "出荷台数の内訳は、韓国およびその他アジア地域への出荷を含む日本が300万台、北米が447万台、欧州が253万台となっている。"

 一見すると、すごくめでたい数字に見えるのですが、メディアクリエイト社発表の販売数速報を集計している、ニュースサイトさんでの累計計算によると日本では約180万台しか販売されていないようです。

 他のアジア地域分も含まれているとの事ですが、実際それがどの程度なのでしょうか?さすがに100万台は売ってないと思うのですが。

 そして生産出荷台数という言葉もあまり聞き慣れない言葉です。ソニーのゲーム関連での発表にしか使われていない項目の様で、経理用語なんかで調べてみても見あたりません。強いて言うと、工業統計調査で使用する製造品の出荷 という言葉が近いのでしょうか?
 
 ソニーで使用している言葉なのだから、ソニーで定義しているはずとおもって調べてみたら、あっさり見つかりました。(2003 FY03 連結業績概要[PDF]


"ハードウェア、ソフトウェアの製品の生産出荷数量は生産拠点から出荷した時点で集計しています。同製品の売上は、顧客に同製品が引き渡された時点で認識されます。"

 出荷ってことは、小売りにやっぱりうってるのかな。だとすると、日本市場にはPSPがたくさん余っているような印象を受けてしまいます。もっともSony的には1000万台の売り上げなのだからよい話ですし、それが適切に消化されるのであれば、小売りもハッピーです。年末商戦に向けて、去年のような品不足を避けるために早めの注文をしているのが積もり積もってこの数字というなら、素直にすごいと思います。

 それとも、2chの某板でよく言われている様に生産拠点から社内の他事業所に引き渡した数なのでしょうか?生産出荷台数=製造品出荷台数 と理解すれば指標としては納得できます。 ですがその数字の意味するところ、ソニーはPSPを1000万台つくったぜーってなだけで、そこまでめでたい話でなくなります。というより、1000万台作って、それが売れなかったら不良在庫でしょ?

 あんまりにも気になったので、ソニーに問い合わせしてみることにします。ちゃんと回答来るかわからないけど。


posted by tetoran at 23:58| Comment(0) | TrackBack(1) | ゲーム:関連雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

PSP全世界で生産出荷台数1000万台達成
Excerpt: ソニー・コンピュータエンタテインメント(SCEI)は、同社が世界各地域で展開している携帯ゲーム機「PSP」が、2005年10月21日時点で、全世界での累計生産出荷台数1000万台を達成したと発表した。..
Weblog: げーむろぐ ~ゲーム情報ブログ~
Tracked: 2005-10-23 20:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。