2006年03月27日

ユグドラ・ユニオン:歯ごたえのあるTRPG?

 ゲームボーイアドバンス向けユグドラ・ユニオン(公式ページ:http://www.sting.co.jp/yggdra/) PS2でBAROQUE 歪んだ妄想、GBAで約束の地リヴィエラと評判の良いRPGを作成しているメーカー スティング社の新しいRPGです。

 FEなんかの系統に近い感じでスティング社はタクティカルファンタジーRPGと銘打っております。その手のゲームが好きな人たちの間で発売前に注目されていた作品です。
立ち読みしたファミ通のレビューでもプラチナ殿堂入を果たしていました。

 今更GBAってな感じもしなくはないのですが、手軽に立ち上げて遊べるのはいい感じで、ディスガイアを未開封にもかかわらず先に始めてしまいました。

 現在チャプター2フィールド5まで進んでいますが、シミュレーションでなくタクティクスと銘打った意味がよくわかります。ユニットをうまく動かして、自分たちの軍が有利になる体勢で戦闘を仕掛けるのが基本になっていて、ここら辺がコマを使ったボードゲームをしているような感覚です。

 ですがそれ以外にも戦闘に関するルールがいろいろあって、それをまだ把握しているような段階です。チュートリアルは比較的親切で、最初から何もかもルールを教えるのではなく、段階を踏んでルールを覚えるようにデザインされています。
 とはいえ難易度は高めな感じで、まだまだ序盤だろうに、あっさりユニットを敗北させてしまってゲームオーバーになったりします。(敵さんもしっかりユニオン組んで集中砲火浴びせるように動いてくるんですよね。)ただやってられるかってな難易度ではなく失敗を生かして次につなげるという感じの難易度なので、今のところ心地いいです。

 ストーリーは今のところ王道全開で敵国の襲撃から逃げ出した王女が、国を取り戻すために闘っております。

 てなことで、しばらくはいつものゲーム以外にこちらを遊ぶことになりそうな感じです。

+--------------------------------------+
Seesaaさん障害にて3/26はお休み!

2006年03月04日

瞬感パズループ:カンコンカンコンきもちいい〜

 もとはゲームセンターでパドル操作だったゲームが、コントローラーに対応してPS/GBAに移植。そしてDSに移植に当たりタッチパネルへと操作体系を変えながら帰ってきました。

 公式ページはこちら(http://www.nintendo.co.jp/ds/aplj/index.html

 デッドホールという底なし穴へ向かって、渦巻き状の通路があり、そこに次々に玉が流れ込んできます。玉は三つくっつくと消えるので中央の発射台から玉を投げていき、レベル99まで生き延びていくゲームです。(今のところエンドレスモードは見あたりません。)

 タッチパネルで直感的に玉を投げるのですが、思いの外正確に投げつけることが出来ます。玉がぶつかるときのカンカン言う音が気持ちよく、連鎖が決まったときはすごぶるいい感じです。

 中毒性の高いパズルゲーム、メテオス以来のサルモードに入りそうな予感です。

#振動カートリッジ対応ソフトってことなので、手持ちの「どりるれろ」なんかで代用できないかなと思ったけどだめなようですね。

#瞬間 でなく 瞬感 でしたっ、なおしましたええ。(3/7)

2006年02月20日

BLEACH DS 蒼天に駆ける運命:大きい画面でやりたいなぁ

 ブリーチDS版です、原作の方はジャンプの連載を流し読みしている程度です。(虚編にはいってからなんか熱心に読む気がなくなったのですよ、ゾンビパウダー復活希望!)
 まぁそんなわけで原作に対して思い入れもないのにこのゲームを買ってきたのは、トレジャー制作の格闘ゲームということでおもしろいんでないだろうかという思惑からです。

 当然対戦を期待して勝ったからには、最初に対戦を試そうというのは当然で、友達二人と早速ダウンロードプレイによる対戦を開始です。電源を入れたらなんか歌い出したような気もしますがそんなことはどうでもよいのです。(乱暴)

 ところがこの対戦のためのダウンロードが長いっ!マニュアルに少し時間がかかりますという記述がありますが、正直少しなんて生やさしい物ではありません。全員がキャラを選んでから戦闘開始まで1分30秒はかかります。しかも戦闘終了すると、キャラクタセレクトに必ず戻ってしまいます。

 1カートリッジで4人まで対戦できるのはいいのですが、対戦終了の度にこれはちょっとつらい物があります。どちらかというとお試し版に近い感じなのかなぁ。せめてキャラセレクトするかしないか選べればよいのだけど。

 でも、そのロード時間を我慢できるくらいゲーム自体がおもしろいのがたちがわるい。ロード中にmixiやマンガを読みつつ、キャラをとっかえひっかえしながら、2時間半ほど遊んで、とりあえずの対戦会は終了。

 キャラはテンポよく動くし、チェーンコンボも気持ちよく入ります。ガードキャンセルとかライン移動。往年の格闘ゲームの要素がコレでもかってくらいに入っています。しかし、ロートルゲーマーには動きの速い格闘ゲームをDSの小さい画面でやるのはちょっとつらいのです。せっかくキャラも書き込まれているのだしもう少し大きい画面でやりたいな〜などと思います。

 てなわけで もう少し遊んだらWi-Fiの感想だとか、ストーリーモードの不満だとかまた記述しまっす。

2006年02月18日

このクイズ野郎!:熱血お笑いウルトラクイズ?

 新カテゴリ、1stインプレッションはゲームを短時間遊んだ所での感想なんかを書くカテゴリです。

 てなわけで 「このクイズ野郎っ!!」(http://namco-ch.net/quiz_yarou/index.php)、ナムコがDS向けに発売したクイズゲームを買ったので早速記すとします。

 さらっと1時間ほどプレイしましたが、クイズの問題難易度は低めの感じです。というのもこのゲーム、ストーリーモードにコンティニューがありません!(途中で時々中断出来るポイントはありますが、ロードすると中断データは消える仕様になっています。)

 ストーリーモードでは、ウルトラクイズばりにクイズを勝ち抜いていくのですが、時々ミニゲームをクリアして解答権を得るクイズがあります。(知力体力時の運をうたった、あのクイズ番組を思い出しますね。 復活しないかなぁ。)

 このミニゲームに、思いの外手こずって解答権を得られずゲームオーバーになってしまいます。クイズ本編の答えがわかってるだけに、ちょっと不満がたまります。こうなると、コンティニュー出来ないのはちょっと切ないないですね。ミニゲームだけの練習モードもあるので、次のプレイでは越えられるけど、、、少しかったるい感じです。

 とはいえ、ウルトラクイズ的な雰囲気を出すためには、この方式も仕方ないのかも知れません。第三話くらいまで進みましたが、ストーリーのノリは熱血ギャグマンガになっているので、好き嫌いは大きく分かれてくるところでしょう。

 ストーリーはスキップ出来るし、毎回微妙に対戦相手が変わったりして展開が変わるので、飽きさせず、繰り返し挑戦できるようデザインされてるとは思うけど。はたして最終決戦まですすめるのかはなはだ不安です。(^^;
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。