2008年01月13日

High Definition AudioドライバでPC録音ができないことが多い件

 PCで再生している音を録音したり利用するソフトで、音だけ録音できないってなケースで、トラブルが発生するケースが結構あるようです。

DELLのDIMENSION 9200C、Windows Vista Home Premium に買い変えてから、録音が機能しません。(付属のサウンドレコーダーも機能しません)

 「カハマルカの瞳の音がでない

 んでこちらのTipsの様にステレオミキサー(ステレオミックス、Stereo Mix)を有効にすることで解決できればいいのですが、、、、これができないドライバーが結構存在するようです。

Panasonic パソコンサポート
「ボリュームコントロール「録音」のプロパティに、ステレオミキサーがありません。」
http://faq.askpc.panasonic.co.jp/faq/1038/app/servlet/qadoc?001605

 このため音の取り込みにステレオミキサーを使用しているソフトで、音が録音されなかったり、最悪エラーが発生する様です。

 HD(High Definition)の名称が含まれているサウンドドライバを使用したPCでこれらの症状は多く発生している様で、メーカー最新のサウンドドライバーを使うと修正されるケースも多くあります。自己責任になりますが、これらのPC音声を録音できずに困っている方は試してみるとよいかと思います。

 DELL Optiplex 755(Windows Vista 32bit)の場合
Analog Devices ADI 198x オンボード HD サウンドドライバ v.6.10.x.5450 ではステレオミキサー(Sound Mix)が表示されませんが、
Analog Devices ADI 198x オンボード HD サウンドドライバ v.6.10.x.5491 ではSoundMixが表示され、録音可能になりました。(更新内容に「stereo mixを追加しました。」との記述があります。)

 音声コピーを封じるための措置なんだろーか、、
posted by tetoran at 04:12| Comment(1) | TrackBack(0) | PC系作業メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月21日

マウスの作業メモ続き

 てなことで、マウスカーソルがブラウザの入力画面で点滅(ツールチップ表示)を繰り返す件詳しく調べてみました。

 どうもテキスト選択時の縦長のカーソルの形状によって現象が発生するようです。ツールチップが表示されるときにその部分をマウスの描写が上書きしてしまい再度ツールチップを表示させるってな動作をしているのでしょか??

 なんにせよ コントロールパネル→マウスのポインタタブで好きなカーソル設定を選んだあと、テキスト選択のアイコンを選択して参照をクリック。アイコンとして \\winnt\Cursors\beam_r.cur に変更して適用してやれば問題は解決です。

 ちなみに確認したOSはWindows2000 です。

ラベル:マウス
posted by tetoran at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | PC系作業メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マウスカーソルのトラブルメモ

 ブラウザの入力画面でマウスカーソルの表示がおかしい。ツールチップ(ちっこい付箋みたいなメッセージ)と文字入力カーソルを交互に表示して点滅しているように見える。

 こんな症状に悩まされている方が最近増えてたのですが、どうもマウスのポインタ設定(コントロールパネル→マウスのポインタタブ)で特大のフォントや大きいフォントのマウスを選んでいるときにこの現象が発生するようです。

 スタンダードに設定したら解消してしまいました。が19インチのモニタや21インチのモニタ使っていると小さいマウスカーソルは結構つらいよね。

 マウスカーソルのアイコン変更で何とかなるかなぁ?

ラベル:マウス
posted by tetoran at 03:20| Comment(0) | TrackBack(0) | PC系作業メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

Windows Vistaを触ってみた

 RC1が出回ってきて、遊べる環境があったのでさくっとインストール。それなりにスペックのあるPCなので結構さくさく動きますね。でもアプリ入れだすとだめなんだろうなぁ。メモリ512で最低要件ぎりぎりだしなぁ。

 リソースの無駄遣いといった評判も聞こえるAeroインターフェースは意外と便利そうな感じですね。 問題は設定変更方法やマイドキュメントの構成がこれまでのXPやWindows2000と大きく違うところですねぇ。

 クラシック設定にしても結構違うところが盛りだくさんです。サポート対応するには結構覚えることが多くなりそうで厳しいなぁ。

 大量セットアップ用の各種機能は充実したみたいでGhostがなくてもかなりいろいろなことができそうです。GhostExplorerやGhostCastServerみたいなこともできそうですね。

 けど暗号化USBメモリも動かないし、各種システム管理ツールの対応もこれから。こういったセキュリティ製品や各種サポートツール類、資産管理製品が動作しないと企業での展開は困るので、Ghost殺しの機能を充実させても、しばらくの間は企業ベースの一括導入は難しそうですねぇ。

 え? Windows Vistaは MEの再来っぽい? (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
ラベル:Vista
posted by tetoran at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | PC系作業メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

MS-XML4.0 SP2の自動更新案内が繰り返し表示される

 なぜだか知らねど、先日MSUpdateで追加されたはずのMS06-061の修正プログラムのうちMSXML4.0 SP2用の修正プログラムが自動更新を何度行っても自動更新通知に表示されるという状態になってしまいました。(Windows XP SP2で確認)

 インストールは行われているのですが、MSUPDATEが認識してくれないようです。早晩修正されるでしょうが、MSダウンロードセンターから該当プログラムをダウンロードして手動でインストールすることにより回避することが可能です。

1.Microsoft ダウンロードセンターから MSXML4.0 SP2用のセキュリティ更新をダウンロードする。(ダウンロードページへのリンク

2.ダウンロードした msxml4-KB925672-jpn.exe を実行する。英語でインストール内容を確認してくるのでRemoveを選ぶ。

3.再度 msxml4-KB925672-jpn.exe を実行する。今度は日本語でインストール内容を確認してくるので、インストールする。

 とりあえずのメモってことで。

 念のためファイル更新プログラムのインストール後、 Msxml4.dll  Msxml4r.dll のバージョン情報を確認しましたがセキュリティ情報に記述されているものと同じなので、大丈夫だと思います。

 

ラベル:Windows
posted by tetoran at 01:30| Comment(3) | TrackBack(0) | PC系作業メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

Windows 関連付けを修復する

 なお例によって例のごとく、これにより更なるトラブルを招いてもなんら対応できません。対応OSはWindows2000とXP、PowerUser以上が対象(だと思う)

トラブル例
 Microsoft Office Excelでワークシート(拡張子xls)がダブルクリックしても開かなくなった。エラーメッセージが表示される。Excelを立ち上げてファイルメニューから読み込むと正常に動作する場合など。

事前に確認
 ツール→フォルダオプション→表示でトラブルの起きているファイルの拡張子を確認する。(ファイルの拡張子が異なっているなんて言う笑えない例もある。)問題となっているファイルの拡張子が正しい場合、次に進む。

ステップ1
 マイコンピュータを開きます

ステップ2
 ウィンドウ上部のメニューに書かれたツールを左クリックする。
さらにメニューが表示されるのでフォルダオプションを実行する。

ステップ3
 ファイルタイプと書かれたタブをクリックする。

ステップ4
 問題になっている拡張子を選択する。このとき、元に戻すというボタンが表示されていたらそれをクリックしてOKして動作を確認する。だめな場合ステップ5へ進む

ステップ5
 変更と詳細設定というボタンが表示されている場合は、問題になっているファイルタイプを削除する。(この場合拡張子xlsのファイルを選び削除ボタンを押す。)

ステップ6
 新規と書かれたボタンをクリックする。

ステップ7
 詳細>> と書かれたボタンをクリックして関連付けられているファイルタイプの選択欄を表示する。

ステップ8
 拡張子の入力欄に問題となっている拡張子を入れる。(今回の場合xlsと入力。)

ステップ9
 関連付けられているファイルタイプの一覧から本来オープンしたいアプリケーションを選びOKをクリックする。(この場合Microsoft Office Excelワークシート)

※ もとのファイルタイプ自体がわからないときは、他のPCでどのようになっているかを確認しましょう。正常に動作するPCでステップ1、2、3、6、7の順序で行うと「関連付けられているファイルタイプの一覧」に対象となるファイルタイプが表示されます。
ラベル:Windows
posted by tetoran at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | PC系作業メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月18日

事務所の電気とかの話

 念のために魔法の呪文を唱えておきます。「このエントリはテトランが調べたメモ程度のものです。間違った記述があった場合訂正するよう努めますが、実行したことによる損害などに責任はとれないのでどうぞご了承願います。」 (書いておいてもいちゃもん飛んでくるときは飛んできますがorz) 

 てなことで本題。

 夏になってエアコンとPCを使っているとブレーカーが落ちる、そういやPCの台数増えたっけとかいう方にはひょっとしたら役に立つかもしれない内容です。(いあ 本音でいくとそんな状態になっているのだったら、PC使用中にブレーカー落ちて壊れたとかいう前に連絡をくれよと。)

 一般的な家庭やビルの一室であれば分電盤があります。分電盤については下記ページに詳しくでているので、まずはご確認ください。
(東京電力ホームページ 電気のご利用Q&A 「分電盤ってどんな仕事してる」より)

 ブレーカーが落ちるときに、いつも同じ配線用遮断器(小さいブレーカー)が落ちるのか、アンペアブレーカー(大きいブレーカー)が落ちるのかで対応が変わります。

 大きいブレーカーが落ちる場合には、事務所全体で使っている電力が足りないためにブレーカーが落ちています。この場合家全体で使える電力量を増やさなければなりません。東京電力に連絡してアンペア契約を大きくしてもらいましょう。

 特定の配線用遮断器が落ちる場合、その部屋で使っている電気量が多すぎるため発生します。(標準だと20A前後で落ちるそうです)この場合は屋内配線工事を依頼するか、一部の機器を別の部屋に移動しましょう。(別の部屋でも同じ配線用遮断機を使っている場合もあります、当然ながら配線用遮断機が落ちたときに一緒に落ちる場所に移動しても意味はありません。)

 東京電力では、家庭向けに我が家のアンペアチェックサービスを無料で行っているのでこれで相談するのがお手軽でよろしいかもしれません。
 もっとも事務所なんかで電気機器を大量に使用して、従量電灯C契約になっている場合は対象にならないようですが。この場合は電気工事業者に相談ですね。

以下参考程度に

・必要なアンペア契約を選ぶ
 使用機器の最大消費電力(W)を合計して100で割った数字を目安に判断。
 ぎりぎりにしすぎると、インバーターエアコン、電子レンジなど起動時に多くの電力を必要とする機器がいっぺんに動作したときにブレーカーが落ちます。

・家庭向けでよく使われる従量電灯Bは60Aが限度
 てなことでオール電化とかしてしまうと、あっさり60Aを超えてしまいます。
 従量電灯C契約で 500A(50kVA)まで10A(1kVA)単位の契約を結ぶことが出来ます。

・500A以上いる場合はまた別の契約となる。(高圧受電)
 電気設備業者もしくは電力会社へご相談。

・エアコンとか業務用冷蔵庫とか動力のあるものたくさん使ってるけど
 お店屋さんですか? 低圧電力というメニューがあります、けども制限も多いのでまずは電力会社にご相談をどうぞ。

・とにかくよくわからないので相談したい
 お客様番号を準備して電力会社さんへどうぞ。
posted by tetoran at 20:13| Comment(0) | TrackBack(1) | PC系作業メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月28日

セキュリーマン検定

日立の情報セキュリティブログで公開されたセキュリーマン検定

http://blog.hitachi-system.co.jp/securyman/hitachisecuryman.html

難易度としては初級アドミニストレータークラスかな?
部門のシステム担当者とか、セキュリティ推進者に試してもらうといい感じ?

95点でかろうじて面目躍如、暗号化した文書を戻す操作は確かに複合だよね。
けど暗号化の反対はって聞かれたら、すっと複合化とこたえちまったよっorz

#レイアウト崩れのお知らせありがとうございます。
#おいつで直ってるとよいのですが。
posted by tetoran at 14:15| Comment(0) | TrackBack(0) | PC系作業メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月27日

こんなんでるってことは自動配信するのかよ、、

http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=4516a6f7-5d44-482b-9dbd-869b4a90159c&DisplayLang=en

Internet Explorer 7 自動配信を無効にするツール英語版。

自動配信について調べてみるとこんなニュースが
Automatic Delivery of Internet Explorer 7(MS 技術情報)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0607/27/news016.html

一応選択はできるみたいね、、でもなぁ、、多くの人がInstallと選んでしまって、IEの画面が変わってしまったと面食らうのではないだろうか。。

またサポートの人には頭の痛くなりそうな要素がでてきたなぁ。

IE7はVaio Uではテストがてら使っているけど、Lunascapeに比べるとまだ使い勝手はいまいちなんだよなぁ。(でもLunaScapeよりは動作が軽快な気はする。)
  generated by feedpath
posted by tetoran at 13:20| Comment(0) | TrackBack(0) | PC系作業メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月08日

Windows 2000/XPの関連づけ

 そうそう毎日ゲームの話ができるわけもなく、、 久々PC系作業メモ。本日は拡張子に対しての関連づけをコマンドラインで行う方法でっす。(あ でも明日あたりからE3でXBOX360、PlayStation3、Wiiの新発表がありそうだからそれネタでもよかったのか。)

 で、関連づけをコマンドラインで設定してやる方法ですが、次の様な手順で行います。

 まず、ftypeというコマンドを使ってファイルタイプの設定を行います。(コマンドラインでftypeとだけ入力すると、現在のファイルタイプ一覧が表示されます。大量に出力されるのでテキストファイルにでも出力して確認しましょう。)

たとえば、exeファイルの場合 次の様に設定されています。
c:\>ftype | findstr "exefile" 「ftypeで出力された文字列からexefileと書かれた行を抜き出して表示する」
exefile="%1" %*

これは exefileというタイプのファイルはコマンドラインに ファイル名 とその後の引数を引き渡すということを示しています。(詳しくはftype /?でヘルプを確認して見てください。)

さて次はftypeで設定したファイルタイプを拡張子とひもづけします。
これはassocというコマンドで行います。(コマンドラインでassocとだけ入力すると、現在の関連づけ設定が表示されます。大量に出力されるのでテキストファイルにでも出力して確認しましょう。)
たとえばexeファイルの場合次のように設定されています。

c:\>assoc | findstr "exefile" 「assocで出力された文字列からexefileと書かれた行を抜き出して表示する」
.exe=exefile

これは 拡張子.exeのファイルがexefileというファイルの種類と設定されていることを示します。

最後に実行可能なファイルの場合、実行可能なファイルであることをシステム環境変数 PATHEXTに設定してやります。

これは必要に応じて行えばいいので、コマンドラインから set pathext=.exe;など設定してやってください。
なお、この環境変数、いろいろ設定されているかと思うので、変更前に
c:\>set pathext で現在の環境変数を確認して、それに追加する形で設定しましょう。

てなわけで、拡張子mzaのファイルを秀丸エディタに関連づけするのは以下のような手順です。

c:\>ftype mzafile="c:\Program Files\hidemaru\hidemaru.exe" %1
mzafile="c:\Program Files\hidemaru\hidemaru.exe" %1

c:\>assoc .mza=mzafile
.mza=mzafile

これで拡張子mzaファイルをダブルクリックすると秀丸エディタで開くように設定されました。
え? こんなんmzaファイルをダブルクリックしてmzaファイルを開くアプリケーションの設定をすればいいだろって?

 まったくその通りなんですけどね、なにやったかよくわからないけど拡張子の関連づけをめちゃくちゃにしてexeすら起動できなくなってしまった悲しい人がいて、コマンドラインでexeとbatの拡張子設定を直してもらった後、バッチファイルで一気に修正ってなへんてこな作業をしたもので、何となくメモ残してみました。

追記:exeファイルやbatファイルの関連づけを吹っ飛ばして関連づけで直す場合、batファイルはMS-DOS バッチファイル、exeファイルはアプリケーションに関連づけてやると復旧できます。
にしても嗚呼懐かしのコマンドラインってな作業でした。
posted by tetoran at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | PC系作業メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月08日

Tunderbird:メール件名の変更

 Popfileというソフトウェアでスパムメールの振り分けをしているのですが、このソフトでスパムと思われるメールに[spam]という件名を付加して自動振り分けする設定にしておりました。(ヘッダの付加だけよりもわかりやすいのでそうしていたのです。)

 ところが、久々に届いた友人のメールがなんとスパム判定されてしまい、件名に[spam]とついてしまいました。orz

 なので、件名だけでも変更したいなと思って、Tunderbirdの方針で、相手が送信してきたメールの変更は改竄に当たるというポリシーがあるようで、そういった機能は準備されていないようです。今や裁判の証拠として使用されることもあるので、この考え方確かに一理あります。

なんとかならないかな〜と、いったんemlファイルに出力してインポートしようとしたのですが、うまくインポートできません。 で、おもむろにinboxのファイルを直接いじってみたら、件名の変更には成功したのですが、階層下のフォルダに移動してあったメールが、何故か受信トレイに復活。階層下のフォルダにもそのまま残っているという状態になってしまいました。

 整理済みのメールなのでさほど問題なく、削除作業は完了しましたが何となく不思議な感覚でした。しかしメールの件名変更できないの、考え方としては理解できるけどやっぱ不便かなぁという気もします。

 とりあえずはPopfileの設定でメールヘッダだけを変更するように設定して、スパム振り分け作り直しですな、共通受信トレイに放り込まれるメールに受信時フィルタ適用出来ればそんなにめんどくさくないんだけどなぁ。もしくはフィルタのコピーか、、
posted by tetoran at 23:55| Comment(2) | TrackBack(0) | PC系作業メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月01日

ひさびさ終電コースなので本日のトラブル対応よりいくつか

・DELL社 Optiplex GX270,GX280 の一部ロット(?)に不具合
 http://japan.cnet.com/news/ent/story/0,2000047623,20090041,00.htm

 まぁタグナンバーで管理されているので、どのロットが問題出るか把握してますよってのが、DELLさんの主張ですな。これまでの故障履歴で該当するような症状は出ていないけど、問い合わせはしておく。

・ワードで指定ページの印刷ができない。(印刷が出ない、意図しないページが出力される)
 セクション分けしている文書で発生。セクション分けしている文書での指定ページ印刷はpXsYの形で指定する。Xはページ番号、Yはセクション番号。 2セクション目の1ページ目〜4ページ目を指定する場合はp1s2-p4s2となる。
 ってワードのヘルプにでている内容だったりする。プリンタおかしいんじゃないで先に調べてしまい敗北。

・特定のワードファイルが開けなくなった。
 ファイル自体は存在しているが開こうとするとエラーメッセージがでて開くことができない。
 ワードファイルを新規作成、ファイルをメニューから呼び出す際に「開いて修復」を使って呼び出すことで修復。
 その他ワードファイルの破損についてのトラブルシューティングはこちら。
 http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;290932
posted by tetoran at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | PC系作業メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月30日

ViaVoice:音声入力を使ってみた

以前から音声入力に興味があったのですか、ついに手を出してしまいました。
IBMのViaVoiceです。とりあえず使ってみた感想は、かなりいい感じに認識します。この文章もViaVoiceで作成しています。

最初に使うときにはエンロールというヒット自分の言葉を認識させるための初期設定作業を行わないまともに動作しません。自分の言葉を認識させることで変換精度を上げているのです。
この作業には30分くらいかかります。
ディスプレーに表示される文章を正確に読み上げるのは意外に難しく何度もやり直しを要求されます。
またひとりしかいない部屋ではヘッドセットに向かって黙々と話している光景は少しシュールです。
そんな1人での罰ゲームを乗り越えて、エンロールをを完了させると音声入力の世界へ向かいいれられます。

普通のビジネス文章を入力する分には十分な変換制度を持っていますがふだん自分が話しているような言葉は登録されていないためにとんでもない変換になります。しばらくの間は自分のよく使う言葉などを学習させる必要がありそうです。

学習もそこそこにラグナロクて音声入力が使えるかを試しに行ってきました。
発言するだけならば非常に快適に使えます。いわゆる略号登録してれば快適に使えるかと思います。
もっとも1人ボイスチャット状態ではたから見てると怖いものがありそうですが(^^;
posted by tetoran at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | PC系作業メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月17日

Windows2000:パッチトラブル

もひとつおまけの作業メモ、ひさびさパッチに泣かされた(TT
やっぱり待機要員のままなのでネタにしてやる。

症状:
 「Word2002にてネットワークドライブ上のWordファイルを上書き保存時にWordフリーズ、以後ネットワーク接続切断。PCシャットダウン不可」

環境:
 Windows2000+SP4 Windows2000AD配下のクライアントPC

ハードウェア:
 DELL Latitude X300

検証前作業:
・Norton Ghostによるシステム完全バックアップ。

検証作業内容:
・NIC詳細設定変更で現象変わらず。
・ハブ、ケーブル交換で改善せず。
・NICドライバ再組み込み、DELL QuickSet再インストール、最新版適用も改善せず。
・Word・Excelで上書きする以外でネットワークドライブを使用した場合は正常動作。
・同型機種でも正常動作しているものがある。
・OS再インストール、各種パッチ適用でも現象再発。
・マザーボード交換では現象改善せず。
・OSクリーンインストール時には正常動作。
・パッチ一括適用後現象再発。
・類似症状検索、Windows 2000 SP4 対応の更新プログラム ロールアップ 1 (KB891861) 時インストール後のトラブルがあること確認。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;904130
・正常稼動の同型機と比較し、パッチ適用状況の違いを洗い出し。
・MS05-015、MS05-016、MS05-018 いずれかの適用後に発生。(個別切り分けはせず。)
・これらパッチのアンインストールでも症状改善せず。
・SRP単独適用でも発生。
・SRP単独適用の場合はアンインストールにて現象改善。

原因
・OSセキュリティパッチによるシステム不具合と判断

対応:
・OS再インストール実施してパッチ適用内容を変更。正常稼動の同型機と同様のパッチ適用グループにする。
・ローカルPCのユーザーデータ復旧。
・パッチ適用グループ変更を担当者に通知、同型機について注意喚起。

QuickSetがまずいのか、BroadcomのNICが悪いのか、
なかなか原因が特定できず、ひさびさ苦しめられました。(TT
さらっと書いてあるけど、検証作業自体が片手間の上、修理手配なんかの期間も
あってつかえるように戻るまで約一週間。

こういった暇なときに検証作業できればよかったのに・・・
posted by tetoran at 21:20| Comment(0) | TrackBack(0) | PC系作業メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Excel Tips カーソルの有る行・列を目立たせる。

 待機要員ではあるけど遅くまで帰れないことが確定してしまったので、今日の仕事中にあった問い合わせを簡単にまとめ。
 マクロと条件付書式を使うため、すでにこれらが設定されているシートではこのとおりに登録できないかと思われますがどぞ。

おっと先にこの情報を掲載していたサイトさんをご紹介。
(こっちの方がメインかも(^^;)

インストラクターのネタ帳 さまで紹介されていた「アクティブセルのある行・列を目立たせる−条件付き書式,イベントプロシージャ

 社内からこんなことしたいんだけどという問い合わせがあったときにいつも参考にさせていただいております。丁寧に解説された内容に多謝。

インストラクターのネタ帳 様にて参考にされていたアンドリューさんのエクセルTips


 てなわけで、私のところではOffice XPのExcelにて、実際に操作した内容をメモったものとなります。一応マクロを削除する方法までサポートしておきました。

 方法を見てみる
posted by tetoran at 20:35| Comment(0) | TrackBack(0) | PC系作業メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月05日

iTunes 使ってみました。

 iTunes Music Store 日本でも開店。いやいや 突然きましたな、ちょっとびっくりです。
iPodは持っていないのですが、iTMSに興味はあったので、itunesを早速ダウンロードです。

 インストールが完了して、しばらくすると、どうやらMyMusicフォルダ内の音楽ファイルを全部取り込み完了したようです。iTunesではライブラリの音楽ファイルについて全容量を自動計算してくれるようで、885曲、1.3日 2.7GBと表示されています。
 先月書いたミュージック(カル?)バトンでは5GBくらいと記入していた、音楽ファイルの総容量ですが、各フォルダのプロパティで概算していました。
今回、iTunes が発掘してきたのは、2GB程度のようです。 圧縮状態のとかCDに放り込んであるのとかいろいろ再整理して、しっかりしたライブラリを再作成したいところですね。
 iTunesの作ってくれるプレイリストはなかなか遊び外がありそうなので、久々にPCで音楽を再生するようになりそうです。

 さて、iTunesでの下準備も終わったところで、いよいよiTMSへアクセスです。って重いよ??
いきなりの発表だったし皆さんまだまだ元気な時間帯だからしょうがないかな。

 でアクセスした最初の一言が、「検索窓はどこじゃ〜〜〜〜」はい、トップページにありがちな検索用の小窓はなく、パワーサーチという、詳細検索用のページへリンクが張ってあるのです。
CDショップ行くような場合、大抵決めうちで商品を探す私としては、トップからいきなり検索できた方がうれしいなぁ。
 で品揃えも、まだちょいと寂しいかな、JPOPも比較的登録されてるようではありますが、ミスチルやサザンがでてないし、検索ワードでうまく目的のものに引っかけられない。曖昧検索というか、そういったのもいまいち弱い気がします。
 まぁ大手レーベルでまだ配信していないところもあるみたいですし、これからの充実に期待です。

 とりあえずご祝儀購入考えたましたが、iPod持ってないので見送り〜。プレイやんで対応してくれないかなあ。(無理だろうけど。)
posted by tetoran at 02:47| Comment(0) | TrackBack(2) | PC系作業メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月24日

VaioU再インストールでのちまちましたメモ3点

 結局VaioUのセットアップ済みイメージが発見できず、ちまちま設定作業をすすめてます。セットアップ開始前のイメージはあったのになぁ。
 その作業の過程でのメモ書きです。

・RealVNC FREE版インストールと漢字キー対応方法(2005/7/24 現在)
 VaioUの小さい画面でちまちまインストール作業するのがめんどくさいので、遠隔操作できるようにVNCという遠隔操作ソフトをインストールします。
 Free版は、セキュリティ機能が強くありませんが、家庭内LANでプライベートIPからのみ操作できるようにするので問題ないでしょう。

 VNCはRealVNC社(http://www.realvnc.com/)よりVersion 4.1.1 Windows版をダウンロードします。(ダウンロードページにアクセスする際に名前など登録する欄が表示されますが登録は任意です。) こいつをさくっとインストールします。
 次にあんでるどんさんのブログ、[あ] UnderDone(あんでるどん) (http://blog.underdone.net/) より、RealVNC Ver.4.1.1 漢字キー対応3テスト版2 のエントリよりダウンロードページへアクセスしてください。(なおあんでるどんさんは、このソフトの使用方法についての質問を受け付けておりません、あんでるどんさんのブログに使用方法やインストールについての質問を書かないようお願いします。)
 VNCをサービスで設定した場合はサービスを停止します。(スタートメニューでも、管理ツール>サービスでもどちらでもOK)
・ダウンロードした漢字キー対応のファイルを解凍して、VNCインストールフォルダのファイルとすべて置き換えます。(VNC Viewerも含む)
 サービスを再開する。
 VNCインストール側ではXP-SP2の場合Windows FireWallにWinvnc4を例外へ登録
 VNCのOption設定で操作可能なIPを範囲指定。
 VNC操作側にVNCViewer(漢字キー対応3テスト版2のもの)をコピー。(必要に応じパーソナルファイヤーウォールに追加)

・Microsoft Update
 Office、Windowsとも、前提となるパッチがある物について、同時に適用できない。
このため必要なパッチがありませんといわれるまで複数回実行する必要がある。

・OfficeXP ライセンス認証(アクティベーション)
 Microsoft Office XPのパッケージ版は同時に使用しないことを条件に、同じ人物の使用するデスクトップPCとノートPCにそれぞれ1台までインストールすることができます。(2003はライセンスを確認していないのでわかりません。)
 テトランもメインのPCとVaioUにインストールして使用していた訳ですが、VaioUにOfficeXPを再インストールしてライセンス認証を行うと・・・・はじかれてしまいました。

 ハードウェア構成変わってなきゃ 再アクティベーション通るんでないのか?? それとも、実は修理の時に中身変えられているんだろうか・・・

 そんな不安を抱えつつ、画面の指示に従ってコールセンターに電話、最初に表示されたインストールID(電話でプッシュできるようアラビア数字のみの番号)をアナウンスの指示に従って6桁ごとにプッシュしていきます。 結果はすでに登録済みですとのアナウンス。orz 「オペーレータにつなぎますか」との質問に迷わず1(はい)をプッシュ。

 男性のオペレーターが登場して再びインストールIDを聞いてきます。IDを告げて、先方で確認した後、「すでに登録済みですね、PCの機種変更ですか?」と聞いてきたのでデスクトップとノートPCで使用してノートPCを修理して再インストールであることを告げると、あっさり登録用のIDを告げるので、そのまま入力できるかと確認してきました。
 6桁ごとに告げてくれるので、そいつを指定のダイアログに入れてライセンス認証完了です。

 対応はよかったのですが、次からPC変えるたびにこの手続きかと思うとめんどくさいですなぁ。
 
posted by tetoran at 23:55| Comment(0) | TrackBack(0) | PC系作業メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

FireFox:息抜きで気になった記事を

まーた 日が変わる頃まで帰れそうにありません。遠距離通勤は切ないですなぁ。
はやくVaioU 帰ってきてくれよぉ。 携帯パケ代も馬鹿にならないですよ。
ってな話はおいといて、MYCOM WEBよりちょっと気になった記事。

Firefoxで見れないサイトは? IEのみに対応するなら、ユーザー失うとの警鐘

四人に一人はFireFoxという話もあるくらい普及し始めているらしい、FireFoxですが残念なことに、Webサイト側の対応には、まだまだいまいちな部分が多いようです。
(もともとはIEが標準ルールにのっとっていないのがいけないのですが。)

 記事中ではIE以外のユーザー締め出しによる利益損失、イメージ低下について懸念するとの内容があります。
 しかし私としては、結果は同じかも知れませんがそれはユーザー締め出しによるものよりも、周りに強い影響を与えるユーザーに不満を抱かせるためではないか思います。

 誰かから薦められてともかくも自分からFireFoxを選んで使ってみたというレベルの方であれば、なんだIEでないと見られないのかと、IEをさくっと使用して、FireFoxは不便だなと思うかも知れません。

 FireFoxを使いこなすユーザーであれば、必要に応じセキュリティを意識しつつも、IEでブラウズするくらいは余裕だと思います。(おっとWindows環境をもっていればですが。)
 後者の人々はこのサイト・サービス・システムはFireFoxへ対応していないのか、まだまだだなといった評価を与え、他人から意見を求められた際に、そのサイト・サービス・システムを積極的に進めることはしないと思われます。

 そして後者の方々は、PCを使ったりする際に相談を受けたりするケースはかなり多いと思われます、またそういったことを管理、運営、運用する層にも多くいるのではないでしょうか?
 結果として、こういったサービスへ積極的にかかわる層へのアピール度は下がっていくのではない可と思います。

 うちも社内に、導入するWebアプリがFireFoxで表示ががたがたになるのを目の当たりにして、対応しないのですかと聞いてしまいました。
 (実際には、LunaScapeでエンジン切り替えでの表示なのですが。)

 というわけで、Linuxを使った機能制限PCなんかでは当然IE以外のブラウザを使用することになります。Webサイト開発者の皆様、FireFoxやOperaでの動作確認もそろそろ視野に入れてはいかがでしょうか?
(正直、サーバ・クライアント型のシステムで、それだけを使わせることが目的であれば、Windowsである必要はないし、人頭税は払いたくありません。)
posted by tetoran at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | PC系作業メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月20日

ThunderBirdへの移行 その後

 とりあえず アカウントの受信設定は移行したもののフィルタの設定や、複数アカウントの使い勝手が違って、おろおろしてます。

 メッセージからフィルタを作成すると、それを受信したアカウント用にフィルタが自動で作られるようなのですが、こいつがなかなか思いどおりに動いてくれません。
まぁ私がお間抜けに、次の名前を含むの設定をしなければいけないのに次の名前で始まるにしてしまったりするのがいけないのですが。

 それから、メール送信時にオークションの時はこのアカウントから、この署名でリプライ先はここといったテンプレートを作成していたのですが、これもまだ再現できていません。

 なにより移行の引き金だった、RSSリーダーについて、いまだ期待したとおりの動作を実現できません。取得してため込んでくれるのは、RSSで取得した情報、ダブルクリックするとそのエントリを表示に行ってくれるのが理想なのですが、、、
 まだまだ、調べが足りないだけなのかも知れないけど、アドレス帳やフィルタなどすべての移行が落ち着くまでにはまだまだかかってしまいそうです。

 今回の教訓は、使い込んでいれば使い込んでいるほどソフトウェアや環境の移行というのはえらい労苦を伴うということです。特に普段使っていればいるほどつらいです。

 Eメールを使う必要があるから、メールソフトを仕方なく使っている、わざわざ新しいソフトウェアの操作方法は覚えたくない、メールを送りたいだけなんだ。と 怒り出すユーザーの気持ちをある程度わかっていたつもりですけど、久々に身をもってこの感覚を味わっています。

 今度ソフト変更時に、ユーザーから前の操作はできないのと氏鬱門がきたら、もう少し優しく接するようにしよう。(と思うのもいつまで続くかな。)

 オープンソースで優秀なソフトがでても、マイクロソフトのソフトウェアを使い続ける慣性が大きく働くわけです。。
posted by tetoran at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | PC系作業メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月08日

ThunderBird の使用を検討中

 近頃、PC周りの操作環境や、普段使用しているソフトウェアの見直しを行っています。このためしばらくの間は使用中のソフトや環境設定などのメモ書きが増えると思います。
 さてなぜ突然ThunderBirdなのでしょうか?別段、安全神話に踊らされた訳ではありません。(ThunderBirdだろうが、OEだろうが、セキュリティパッチの適用を怠っているといつかやられてしまうと思っています、もちろん初期状態でのやられやすさが大きく違いますが。)

 現在私が使用しているメーラーはAl-Mailです。長年(もう6年近くですなぁ)愛用してきたソフトです。プラグインによる機能拡張もなどもあります。しかし、ここのとこすっかりバージョンアップが止まっております。
 十分お値段分使い込みましたし、Eメール自体が枯れた技術なので現状のままでも大きく不満は感じておりません。

 しかし、細かい部分で物足りない点が見えてきており、RSSリーダーの導入などを考えはじめたため、ThunderBirdならここら辺も兼用で使えるということで、お試し導入です。(今のところチェッカーには先日紹介したcococを利用しています。)

 ヘルプもろくに見ず、RSSリーダーとして使ってみた感じは、今のところ物足りない感じです。cococで表示される見出しをさっと見る方法が見つかっていません。
もともとがメールソフトなので、ここら辺の機能が弱いのかもしれませんが、きっと何らかの方法があるのではないかと、しばらくいじってみようと思います。

 
サイトをメモを見てみる
posted by tetoran at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | PC系作業メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。